水森かおり 辰野の雨 歌詞

水森かおりの「辰野の雨」歌詞ページ。
「辰野の雨」は、作詞:伊藤薫、作曲:伊藤薫。

辰野の雨 歌詞

歌:水森かおり

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

浴衣に着がえ 宿の下駄をかりて
いつか夕ぐれどき 少しくもり空
川沿いの道を
折れればそこは蛍
この愛に命を
あなたにすべてを賭けていたから
拭っても抑えても
涙流れてとまらない
信州辰野に さやさやとはらはらと
ほらまた雨が 雨が・・・

ともるぼんぼり 人に押されながら
肩をぶつけられて 渡るわらべ橋
去年はあなたと
今年はひとり蛍
身体(からだ)の痛みなら
季節がいつしか消してもくれる
でも胸に焼きついた
傷は死ぬまで残ります
山里(やまざと)辰野は 六月の梅雨の中
思い出捨てに 来たの・・・

この髪をおろして
おさないむかしに戻れるならば
あの人と会う前の
遠い時間に帰らせて
信州辰野に さやさやとはらはらと
ほらまた雨が 雨が・・・

文字:
   
位置:
 



水森かおりの人気歌詞

辰野の雨の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net