岩崎宏美 時の針 歌詞

岩崎宏美の「時の針」歌詞ページ。
「時の針」は、作詞:中村中、作曲:中村中。

時の針 歌詞

歌:岩崎宏美

作詞:中村中

作曲:中村中

覚えてますか 生まれた街を
駆け出す貴方を私は見ていた

夏休みには花火を見たね
私はいつも泣き虫だったね

焼けた頬の涙を 拭ってくれた日から
まるで二人は時計の針

長い長い時の流れに 二人で流されたはずなのに
貴方の針が私を置いて 進むなんて知らなかった

覚えてますか 卒業の時
貴方は少しも淋しくなさそうで

桜を踏んで呼び止めたけど
ほんの少しの勇気がなかった

口ごもるサヨナラに 振り向かず手を振った
貴方は強くなったんだね

長い長い時の流れに 二人で流されたはずなのに
私の針は動けないまま それでも季節は巡りゆく

覚えてますか 私の事を
人混みに貴方を見つけた

長い長い時の流れを もしも巻き戻せたとしても
飛んで行けない 私の弱さは 時の流れのせいじゃないから
貴方の事は忘れたいのに どうして遇(あ)ってしまうんだろう
こんな冬枯れの街角

文字:
   
位置:
 



岩崎宏美の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

時の針(Perfume)

時の針の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net