スピッツ 夏の魔物 歌詞

スピッツの「夏の魔物」歌詞ページ。
「夏の魔物」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗。

夏の魔物 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

古いアパートのベランダに立ち
僕を見おろして少し笑った
なまぬるい風にたなびく白いシーツ
魚もいないドブ川越えて
幾つも越えて行く二人乗りで
折れそうな手でヨロヨロしてさ 追われるように

※幼いだけの密かな 掟の上で君と見た
夏の魔物に会いたかった※

大粒の雨すぐにあがるさ
長くのびた影がおぼれた頃
ぬれたクモの巣が光ってた 泣いてるみたいに

殺してしまえばいいとも思ったけれど 君に似た
夏の魔物に会いたかった

(※くり返し)
僕の呪文も効かなかった
夏の魔物に会いたかった

文字:
   
位置:
 



スピッツの人気歌詞

同名の曲が2曲収録されています。

夏の魔物(鶴)

夏の魔物(小島麻由美)

夏の魔物の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net