スピッツ 死神の岬へ 歌詞

スピッツの「死神の岬へ」歌詞ページ。
「死神の岬へ」は、作詞:草野正宗、作曲:三輪徹也。

死神の岬へ 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:三輪徹也

愛と希望に満たされて 誰もかもすごく疲れた
そしてここにいる二人は 穴の底で息だけしていた
古くてタイヤもすりへった 小さな車ででかけた
死神が遊ぶ岬を 目ざして日が昇る頃でかけた

※二人で積み上げて 二人で壊したら
朝日に溶かされて 蒼白い素顔があらわれた※

ひやかすつもりはないけど にやけた顔で蹴散らした
死神が遊ぶ岬で やせこけた鳥達に会おうか

(※くり返し)

△そこで二人は見た
風に揺れる稲穂を見た
朽ち果てた廃屋を見た
いくつもの抜け道を見た△

(※くり返し)
(△くり返し)

歳老いたノラ犬を見た
ガードレールのキズを見た
消えていく街灯を見た
いくつもの抜け道を見た

文字:
   
位置:
 



スピッツの人気歌詞

死神の岬への収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net