スピッツ エンドロールには早すぎる 歌詞

スピッツの「エンドロールには早すぎる」歌詞ページ。
「エンドロールには早すぎる」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗。

エンドロールには早すぎる

歌:スピッツ 作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

映画でいうなら 最後の場面
終わりたくないよ スローにして

こんな当たり前が大事だってことに
なんで今気づいてんの?

二人浜辺を 歩いてく
夕陽の赤さに 溶けながら
エンドロールには早すぎる 潮の匂いがこんなにも
寒く切ないものだったなんて

気になるけれど 君の過去には
触れないことで 保たれてた

そんで抱き合って追いかけっこしてさ
失くしそうで怖くなって

着飾った街 さまよってる
まつ毛に風を 受けながら
エンドロールには早すぎる イルミネーションがにじんでく
世界の果てはここにある

あんな当たり前が大事だってことに
なんで今気づいてんの?

おかまいなしに めぐりくる
季節が僕を 追い越しても
エンドロールには早すぎる 君のくしゃみが聞きたいよ
意外なオチに賭けている


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net