ポルノグラフィティ 空想科学少年 歌詞

ポルノグラフィティの「空想科学少年」歌詞ページ。
「空想科学少年」は、作詞:ハルイチ、作曲:ハルイチ。

空想科学少年 歌詞

歌:ポルノグラフィティ

作詞:ハルイチ

作曲:ハルイチ

ラララ僕が大人になる頃には
さらに科学は理想の世界を創る
ララ呼吸をしない犬はもういるから
僕自身もまもなくロボットになれる
ハートも鉄になるのさ
傷ついたら取りかえようあの子のことも忘れれる

※Utopia 感情なんてもういらないよ
大嫌いさnothing nothing
曖昧に濁した答えもやさしさなのかな?
Utopia 丈夫な心が欲しい痛いのはもう嫌なんだ
トビラを開けて下さい穏やかな明日へ
純情をぶつけた見返りがMonkey Dance!※

ラララ街は生身では危険すぎる
もはやここに温もりなどはない
ルックスも選べれるのさ
これでコンプレックスとお別れ
みんないっしょ同じ顔

Utopia あの子ももういらないよ
雨の中でnothing nothing
うつろう人の気持ちに期待などしない
Utopia そこには探している完全な自由があって
僕には名前もなくて僕は誰かで紛れてく
消しさってくれるよMonkey POW!

(※くり返し)

文字:
   
位置:
 

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net