ポルノグラフィティ 農夫と赤いスカーフ 歌詞

ポルノグラフィティの「農夫と赤いスカーフ」歌詞ページ。
「農夫と赤いスカーフ」は、作詞:Haruishi Shindo、作曲:AK.HOMMA。

農夫と赤いスカーフ 歌詞

歌:ポルノグラフィティ

作詞:Haruishi Shindo

作曲:AK.HOMMA

花がそれぞれ季節を持つように
だれもが自分の生きていく場所へ
種を綿毛にのせ いつの日かどこかおり立つのだろう

さざめく黄金色の海のように風に揺れている
実りの時をむかえようとしている 雄々しき小麦を
誇らしく丘からその農夫はじっと眺めている

大地を愛してこの地に残る
赤いスカーフを巻いた若い農夫
白い飛行機雲 その先で暮らすと決めた彼の女

華やかな都会の暮らしと比べ
ここはひどく霞んで見えるのだろう
お互いの道

花がそれぞれの季節を持つように
だれもが自分の生きていく場所へ
種を綿毛にのせ 未だ見ぬ夢を探すのもいい
この地で咲く彼には
燃える夕陽と赤いスカーフが

都会から
届いた
赤いスカーフ

文字:
   
位置:
 

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net