ポルノグラフィティ ベアーズ 歌詞

ポルノグラフィティの「ベアーズ」歌詞ページ。
「ベアーズ」は、作詞:新藤晴一、作曲:新藤晴一。

ベアーズ

歌:ポルノグラフィティ 作詞:新藤晴一 作曲:新藤晴一

右翼手が平凡なフライを落っことした
2対0の試合がにわかに動き出す
勝ちを意識してた相手側のベンチが
焦れば焦るほど右翼手は慌てだす

日曜日のグランド うまくはないいけれど
白熱した展開 守るも攻めるも

描け引きだって君の方がうんと上手だからね
目を閉じてスイングした 力任せに愛してみたかった
夏の容赦ない日差しがボールと重なったら
その隙にキスを盗もう 時々はワンサイドのゲームでいいだろう

ここ一番って時に力みずぎてしまうから
目も当てれぬ失策 彼方へ大暴投

日曜日の夕暮れ 誰もいないグランドに
二人の影だけが長く伸びて

自慢じゃないけど そりゃ僕は他の誰かと比べて
特別なとこなんてない ママチャリのような男だけど
頑丈で壊れやしない愛をいつでも君へと
逆に言えば盗まれる心配さえないんだから その点は安心して

君が思うよりも ずっとずっと強くその手を握れたら

少しでいいから僕のもんって君を感じていたくて
乱暴だって痛がっても力任せに愛してみたかった
夏の容赦ない日差しがボールと重なったら
その隙にキスを盗もう 時々はワンサイドのゲームでいいだろう

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net