ポルノグラフィティ Light and Shadow 歌詞

ポルノグラフィティの「Light and Shadow」歌詞ページ。
「Light and Shadow」は、作詞:岡野昭仁、作曲:岡野昭仁。

Light and Shadow

歌:ポルノグラフィティ 作詞:岡野昭仁 作曲:岡野昭仁

夜空には心の跡 煌めいて流星が落ちる
静けさと波立つ色は so blue
掌に握りしめた弱気な想い捨てられずに
夜明け前 瀕死の僕を蘇生してくれ

キスなんて無駄なのさ 心が濡れていない

さよなら さなぎのままの Yesterday 今日で最後にするんだ
かよわい羽広げ大地を蹴り出す力が欲しい
空気をつかみ 身体を預け 流れのままに 漂ってみるだけ
そしていつかは君のもとへ辿り着いてる

何億年も輝いてる 太陽は笑っていた
彼にとって滑稽なんだろう 影になること

陽は昇り落ちて また僕を隠すんだ

抱きしめて僕をもっと身体ごと覆い尽くして
風のように 海のように 夢のように 運命のように
両手から足先に繋がる赤い血液を巡らせ
震える心で叫びたい

さよなら さなぎのままの Yesterday 誰かのせいにしないで
僕の中で眠った未来をもう一度見つめてみよう
光を集め 目を逸らさずに 古くなってても また磨けばいい
きっと必ず扉は開き飛び立てるだろう

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net