ポルノグラフィティ この胸を、愛を射よ 歌詞

ポルノグラフィティの「この胸を、愛を射よ」歌詞ページ。
「この胸を、愛を射よ」は、作詞:新藤晴一、作曲:新藤晴一。

この胸を、愛を射よ 歌詞

歌:ポルノグラフィティ

作詞:新藤晴一

作曲:新藤晴一

言葉になど出来ない 涙だってあるさ
そんな日は何も聞かず 君のそばにいる

悲しみの静寂に 君が消えぬように
光がどこかにあること すぐに思い出してくれるように

雷がまさに君を貫こうと唸ってるなら
切り立ったビルに僕が登って その的になろう
輝く明日が君に訪れるまで

白と黒の世界に 時のない過去に
手足を掴まれたまま 動けないでいる

君の名を何度も 呼んでいるから
どんな時も僕の声がする方へ歩いてくればいい

狼の群れが君の眠りを狙ってるなら
この身を差し出しても 安らかな夢を君に
新たな朝日が君を揺り起こすまで

本当は君のために出来ることなどなくても
他の誰より強く思っているのは本当

ほんの少し勇気が必要な時には
いつだって君のほんの少しになろう

文字:
   
位置:
 

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net