ポルノグラフィティ ロスト 歌詞

ポルノグラフィティの「ロスト」歌詞ページ。
「ロスト」は、作詞:岡野昭仁、作曲:岡野昭仁。

ロスト

歌:ポルノグラフィティ 作詞:岡野昭仁 作曲:岡野昭仁

鮮やかな花びら 雪の花が落ちる
大地の眠りさえ 邪魔をせず落ちる
僕のすぐ傍から 大切なもの消える
熱で積もる雪が 溶けるように消える

心はかりそめ 漂うままで ゆっくり現実をなぞるばかり

茜色の空 夜は迫る 浮かび上がるのは一番星
繰り返されゆく不変の渦 明日もそれは同じで
すべてをこの手で掴みたいのに 二つの掌すり抜けてった
運命などという言葉なんて 知らない方が良かったのになぁ…

ふと過る記憶が この上なく嬉しい
時に抗うように 昔に戻りたい

色褪せる思い出 あなたの声は少しずつ掠れて遠くなってる

コバルト色した大海原 注いだ河には雪解け水
巡るものは皆 諦めたように身を預け委ねる
あなたは行きたくなかったでしょう? 突然の風に攫われるように
僕とは離れた道を行った 惜しむ間もないまま行った

失うものが多くあり過ぎて その中で希望の道を見つけるだなんて…

茜色の空 闇夜の月 地球のどこかで産まれる命
宇宙の法則の上を歩く 小さ過ぎる僕達
忘れたくはない 消え去って欲しくない だから今ここで歌に代える
あと何年経っても 僕の中に 深く深く留めておくよ


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net