ポルノグラフィティ ルーズ 歌詞

ポルノグラフィティの「ルーズ」歌詞ページ。
「ルーズ」は、作詞:新藤晴一、作曲:新藤晴一。

ルーズ

歌:ポルノグラフィティ

作詞:新藤晴一

作曲:新藤晴一

車の中から見る街は幼稚な幻みたい
ドアを閉めた低い音で 今日のことを断ち切ったつもり

形あるものは「いつか」「なぜか」脆く壊れてしまうという
そんなルーズな仕掛けで世界(ここ)はできてる

どんな闇に紛れ 声を出せなくても
お互いの姿は 見えていたよ
何度も触れて うなずくたびいつも
何もかもが分かり合えた それ以上は あぁ 望まなかった

内緒にしていたつもりだろう 首元の小さなタトゥー
下ろした髪に隠しても 気づいていた 初めの日から

愛は誰かに見せたり まして誇るようなものではなくて
どんな形 どんな色 そっと秘めたまま

永遠という文字が 何より似合うのは
「さよなら」や「後悔」だけなのかな
一度壊れた愛は戻らないと
綻びのないルールがある
星が全部ほら空から落ちる

夜を抜けた街は飴細工みたいに
恋人たちの想い 巻き込んだまま
歪んで捻れ 混ざって溶けてゆく
そしてすぐに形作る 繰り返す夜は 束の間の舞台

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net