ポルノグラフィティ AGAIN 歌詞

ポルノグラフィティの「AGAIN」歌詞ページ。
「AGAIN」は、作詞:新藤晴一、作曲:新藤晴一。

AGAIN

歌:ポルノグラフィティ 作詞:新藤晴一 作曲:新藤晴一

国道沿い 冷えた公園の 薄い乳色の朝もや
体の芯に残っている 痺れが脈打つ

昇る太陽が静寂(しじま)を焼き尽くす前に
行かなきゃ 影を慕いて歩いては どこまで

夜ごと君に話していた約束は今も果たせず
痛みに姿を変えて尚 AGAIN AGAIN

ダメになってゆくのを見られるのは辛い
今さら 僕を覚えていなければ いいけど

遥かな昔 海に沈んだ架空の街の地図で 旅をしているみたい
そこにあったはずの景色は変わり 僕は泣いているんだ AGAIN AGAIN

君はあの時 黙って頷いてくれた
行かなきゃ 君がそれを覚えてたら 行かなきゃ

本当のこと言うよ 時間と共に 地図は掠れていって 今では読めもしない
そこに何があったか 思い出せなくて 僕は泣いているんだ AGAIN AGAIN

国道沿い 見慣れたコンビニ トラックが巨体を震わせて
僕のすぐそばを走り去ってく AGAIN AGAIN


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2015 J-Lyric.net