サンボマスター 自由なステップ 歌詞

サンボマスターの「自由なステップ」歌詞ページ。
「自由なステップ」は、作詞:山口隆、作曲:山口隆。

自由なステップ 歌詞

歌:サンボマスター

作詞:山口隆

作曲:山口隆

キミが眠ってる間にだって 奴らはキミをだましてんだ
なんだ 本当はキミも 気づいてたか
キミが生まれてくる前からずっと ヤツらは罠を仕掛けてんだ
いまなら 簡単に外れんぜ 罠は
俺とキミは気づいた ただちにかいほうしろ 動きはじめんぜ 今夜

吐き捨てる毎日が本当の俺じゃナイって思えた この感じ
キミの事を考えたら 奴らのやり方が見えてきたんだ瞬間に
そうさ バンジー ジャンプのように 飛ぶぜ男子女子 準備はいいか?
奴らの狡(ズル)さ こんなもんじゃねぇぞ 闇と痛み ここで吐き出せよ

カラッポになるまで高めろよ 限界こえるぜ! ゲットダウン!
自由なステップ 自由なステップ 踏むぜ
僕と君は死ぬまで 笑いながら踊る 回りながら踊る
触れ合うその手から 悲しみがにじんでも
強く踏みしめんだぜ 奴らにケリ入れんだぜ

ただちに武器を捨てて踊れ ただちに武器を捨てて踊れ
ただちに武器を捨てて踊れ

焼き捨てたい出来事は キミのせいじゃナイって思えたこの感じ
キミの事を考えたら ヤツらの正義にガッカリしたんだ瞬間に
モンキーダンスのように 踊れ男子女子 準備はいいか

奴らの狡さ こんなもんじゃねぇぞ 罪ぶかいのお互いさまだろ
カラッポになるまで高めろよ 限界こえるぜ ゲッダン!(Get down!)

俺とキミは気づいた もう何からも自由だ 動きはじめるぜ
今夜 ゴーファイッ! (go fight!!)
自由なステップ 自由なステップ 踏むぜ
僕とキミは死ぬまで 笑いながら踊る 回りながら踊る
触れ合うその手から 悲しみがにじんでも
強く踏みしめんだぜ 奴らにケリ入れんだぜ

ただちに武器を捨てて踊れ ただちに武器を捨てて踊れ
ただちに武器を捨てて踊れ

何も知らされず生きてる俺たち だけど本当は人間よりもむしろマシン
にされたがってる迷える子羊

でもそんななか 気づいた嬉しさとか 探した ぬくもりについて
俺はキミと踊り明かしたい
ニヒルに構えてるヒマはねぇぜ 自由なステップ 踏みまくんだろ?
ブラザー ラブ&ピース

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

Find The Answer(通常盤)

Find The Answer

風がこの心を 吹き抜けても揺るがないそんな強さを ...

Mountain Top

RADWIMPS

'Obey the way you truly bel...

マエヲムケ

Hey! Say! JUMP

朝から転んで泥まみれI'm Gonna Gonna...

here comes my love

Mr.Children

破り捨てようかないやはじめから なかったものって思...

低温火傷 / 春恋歌 / I Need You ~夜空の観覧車~(B)

低温火傷

つばきファクトリー

都会の夜空を流星(ほし)が切り裂いた見える ふたり...

勝手にMY SOUL(通常盤)

勝手にMY SOUL

DISH//

戦々恐々everyday 天真爛漫everybody...

ハロー カゲロウ(通常盤)

ハロー カゲロウ

GReeeeN

あの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき...

Everybody!!

シグナル

WANIMA

不確かなまま はじまる今日は変わらない いつも通り...

Ref:rain / 眩いばかり(期間生産限定盤)(DVD付)

Ref:rain

Aimer

Raining 夏の午後に 通り雨 傘の下Kiss...

Moon さよならを教えて

BUCK-TICK

泣いていたのかしら もう涙は枯れたのにあなたに触れ...

さよならエレジー

菅田将暉

僕はいま 無口な空に吐き出した孤独という名の雲...

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

小沢健二

幾千万も灯る都市の明かりが生み出す闇に隠れた汚...

その線は水平線(10,000枚生産限定盤)

その線は水平線

くるり

その線は水平線新しい靴履いて時代を飛び越えろ...

ヒカリ

ゴスペラーズ

It's enough for usそして光が 二...

恋は天使のチャイムから

田村ゆかり

早く恋のチャイム気づいて君の胸に聴こえてるでしょ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net