ケツメイシ 恋の終わりは意外と静かに 歌詞

ケツメイシの「恋の終わりは意外と静かに」歌詞ページ。
「恋の終わりは意外と静かに」は、作詞:ケツメイシ、作曲:ケツメイシ。

恋の終わりは意外と静かに

歌:ケツメイシ 作詞:ケツメイシ 作曲:ケツメイシ

君が置いた テーブルの側
君が見つけてきた 二人掛けのソファー
今でもそこに 君が座ってるように思えた
君が並べた 揃いの歯ブラシ
ニ人で選んだ 色違いの箸
いつまでもそこで 君が笑ってるような気がした

君が残した香りの中
僕は変わらずあの日のまま
浮かんで消える 面影逃げる
未だ続く 胸の痛みは癒えず
部屋に伸びた陽も落ちて行く
刻む時が僕を置いて行く
思い出浮かぶ度 涙で滲む
時計の音が静かに響く
君がいなければ何もできない
もう語れない もう笑えない
繰り返し 振り返り
気付かされたこの身に
その意味 それからの日々
過ぎ行く時が僕を癒すのか
胸の隙間 何が満たすのか
幾つもの眠れぬ夜を
また静かに迎える 孤独の朝

「ごめんね」と言って 去って行く君
振り向かず 泣きながら去る意味
追いかけられず 立ちつくすオレは
言葉さえも 声も 君の名も呼べないよ
こんな日が いつか来るかなんて
話した頃 君は笑ってたのに
君はもういない
二度と戻れない
恋の終わりは意外と静かに

部屋を見渡せば 思い出ばかり
君が去ってから 早二年余り
一人取る食事も 慣れたよとうに
なんて言って また思い出す夜に
僕の胸 ポッカリあいた穴
思い出も こんなに抱いたまま
望み何処に 届けるこの思い
心に錘 今君は何処に?
一人にはこの部屋 広すぎて
出会いと別れが 通りすぎて
忘れたいが忘れない 振り払って歩けない
君との出会い それからの事は失くせない
失って感じる 大切さ
今となっては 無い解決策
楽しい日々など あっという間に
この恋の終わり 意外と静かに

「ごめんね」と言って 去って行く君
振り向かず 泣きながら去る意味
追いかけられず 立ちつくすオレは
言葉さえも 声も 君の名も呼べないよ
こんな日が いつか来るかなんて
話した頃 君は笑ってたのに
君はもういない
二度と戻れない
恋の終わりは意外と静かに

置き去りになった 僕の想いが
行き場所を求め 部屋に居座る
君に言えなかった 言葉だけを
つなぎ合わせても 君はもういなくて

君が置いた テーブルの側
君が見つけてきた 二人掛けのソファー
今でもそこに 君が座ってるように思えた
君が並べた 揃いの歯ブラシ
ニ人で選んだ 色違いの箸
いつまでもそこで 君が笑ってるような気がした

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net