中島みゆき あたいの夏休み 歌詞

中島みゆきの「あたいの夏休み」歌詞ページ。
「あたいの夏休み」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

あたいの夏休み 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

短パンを穿いた付け焼刃レディたちが
腕を組んでチンピラにぶらさがって歩く
ここは別荘地 盛り場じゃないのよと
レースのカーテンの陰 囁く声
お金貯めて3日泊まるのが夏休み
週刊誌読んでやって来れば数珠つなぎ
冷めたスープ放り投げるように飲まされて
2段ベッドでも あたいの夏休み

※Summer vacation あたいのために
Summer vacation 夏 翻れ※

新聞に載るほど悪いこともなく
賞状を貰うほど偉いこともなく
そしてゆっくりと一年は過ぎてゆく
やっと3日貰えるのが夏休み

貴賓室のドアは金文字の V I P
覗きこんでつまみ出されてる夏休み
あたいだって町じゃ捨てたもんじゃないのよと
慣れた酒を飲んで酔う十把ひとからげ

(※くり返し)

だけどあたいちょっと この夏は違うのよね
昨夜買った土産物屋のコースター
安物だけど自分用じゃないもんね
ちょっとわけありで今年の夏休み

悲しいのはドレスが古くなること
悲しいのはカレーばかり続くこと
だけどもっと悲しい事は一人泣き
だからあたい きっと勝ってる夏休み

(※くり返し×2)

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

あたいの夏休みの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net