中島みゆき 兆しのシーズン 歌詞

中島みゆきの「兆しのシーズン」歌詞ページ。
「兆しのシーズン」は、作詞:中島みゆき、作曲:筒美京平。

兆しのシーズン 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:筒美京平

眠りそこねた真夜中 窓を打つ雨
いつから夢の中に忍び込んだの
うなされていたうわごと 目を醒ましても
唇にまだリアルに漂っている
こんな理由でなんか会いにゆけないわ

もう一人では眠れない 兆しのシーズン
壊れたら悲しい でもそれよりも恋しい
もう強がりの限界 兆しのシーズン
いなされてしまうのかしら

降りつのらせてゆく雨 熱くなる胸
潤んで瞳の中 意地がくずれる
貴方が遠ざかってく夢で泣いたわ
愚かしいほどに私 すがりついてた
知らず知らずのうちに傾いてたのね

※貴方だけが気づかない 兆しのシーズン
なぜ女のほうからじゃ 強気に出られない
もう半端じゃ終われない 兆しのシーズン
いなされてしまうのかしら※

(※くり返し)

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

兆しのシーズンの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net