中島みゆき 風の姿 歌詞

中島みゆきの「風の姿」歌詞ページ。
「風の姿」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

風の姿

歌:中島みゆき 作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

そんな人だと思わなかった、と言われて
どうして涙が出たの
どんな人だと思われたくて
どこの誰の真似をしてきたの

嵐が近い 嵐が近い
折れた小枝が窓を叩いているわ
だから
風の姿を誰か教えて
愛の姿を誰か教えて
数えきれない数の定義じゃなくて
たった一人の愛の言葉で
私をうなずかせて

「らしい」と言われて付けてたブレス
鎖の角が本当は痛かった
悪く言われて破って捨てた
シフォンのシャツが本当は好きだった

嵐が近い 嵐が近い
思いがけない私かもしれないわ
だから
風の姿を誰か教えて
愛の姿を誰か教えて
数えきれない数の定義じゃなくて
たった一人の愛の言葉で
私をうなずかせて

だから
風の姿を誰か教えて
愛の姿を誰か教えて
数えきれない数の定義じゃなくて
たった一人の愛の言葉で
私をうなずかせて

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net