中島みゆき 最悪 歌詞

中島みゆきの「最悪」歌詞ページ。
「最悪」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

最悪

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

それは星の中を歩き回って帰りついた夜でなくてはならない
けっして雨がコートの中にまで降っていたりしてはならない
それは なんにもないなんにもない部屋の
ドアを開ける夜でなくてはならない
間違ってもラジオのスイッチがつけっ放しだったりしては
間違ってもラジオのスイッチがつけっ放しだったりしてはならない
Brandy night あいつのために歌った歌が
Brandy night ちょうど流れて来たりしたら
最悪だ

僕はあいつを好きというほどじゃない
あいつは僕を少しも好きじゃない
ゆらゆら揺れるグラスに火をつければロマンティックな音で砕けた
なにもかも失くしてもこいつだけはと昨日のようにギターを抱き寄せれば
ジョークの陰にうずめた歌ばかり指より先に歌いだすんだ
ジョークの陰にうずめた歌ばかり指より先に歌い始めるんだ
Brandy night 踊るあいつのヒールは無邪気
Brandy night 今夜僕の酔った顔は
最悪だ

Brandy night 踊るあいつのヒールは無邪気
Brandy night 今夜僕の酔った顔は
最悪だ
Brandy night 踊るあいつのヒールは無邪気
Brandy night 踊るあいつのヒールは無邪気
Brandy night 今夜僕の酔った顔は
最悪だ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net