中島みゆき 十二月 歌詞

中島みゆきの「十二月」歌詞ページ。
「十二月」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

十二月 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

自殺する若い女が この月だけ急に増える
それぞれに男たち 急に正気に返るシーズン
大都会の薬屋では 睡眠薬が売り切れる
なけなしのテレビでは 家族たちが笑っている

何万人の女たちが あたしはちがうと思いながら
何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月

※人の叫びも 鴃(もず)の叫びも
風の叫びも 警笛(ふえ)の叫びも
みんな似ている みんな似ている
人恋しと泣け 十二月※

飾り澄ました街なかを 赤い光が駆け抜ける
付き添いの誰もない女たち 運ばれてゆく

何万人の女たちが あたしはちがうと思いながら
何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月

好きになるのも 信じきるのも
待ちわびるのも 思い切るのも
みんな自由だ みんな自由だ
人恋しと泣け 十二月

何万人の女たちが あたしはちがうと思いながら
何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月

(※くり返し)

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

十二月(DROPS)

十二月の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net