中島みゆき 月の赤ん坊 歌詞

中島みゆきの「月の赤ん坊」歌詞ページ。
「月の赤ん坊」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

月の赤ん坊 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

閉ざしておいた筈の窓をすり抜け
子守歌が流れてる
裸足のままで蒼い窓辺に立てば
折れそうな三日月
だれが歌っているの だれが叫んでいるの
なんでもないよと答えた日からひとりになったの
笑顔のままで蒼ざめきった月は
今にも折れそう

大人になんか僕はなりたくないと
だれかを責めた時から
子供はきっとひとつ覚えてしまう
大人のやりくち
君はいくつになるの 明日いくつになるの
恐いもの何もないと言えたら大人と呼ぼうね
子供はいつもそれと知らないうちに
大人に変わるよ

だれが歌っているの だれが叫んでいるの
なんでもないよと答えた日からひとりになったの
夜になるたび月は子供に帰り
ひとりを恐がる
夜になるたび月は子供に帰り
ひとりを恐がる

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

月の赤ん坊の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net