中島みゆき 裸足で走れ 歌詞

中島みゆきの「裸足で走れ」歌詞ページ。
「裸足で走れ」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

裸足で走れ 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

黙っているのは 卑怯なことだと
おしゃべり男の 声がする
命があるなら 闘うべきだと
おびえた声がする

上着を着たまま 話をするのは
正気の沙汰では ないらしい
脱がせた上着を 拾って着るのは
賢いことらしい

一人になるのが 恐いなら
裸足で 裸足で ガラスの荒れ地を
裸足で 突っ走れ

裸足はいかがと すすめる奴らに限って
グラスを 投げ捨てる
ささくれひとつも つくらぬ指なら
握手もどんなに 楽だろう

かかとを切り裂く 痛みを指さし
心の熱さと 人は呼ぶ
ここまでおいでと 手を振り手招き
背中へ ガラスを降り注ぐ

一人になるのが 恐いなら

裸足で 裸足で ガラスの荒れ地を
裸足で 突っ走れ
裸足で 裸足で ガラスの荒れ地を
裸足で 突っ走れ

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

裸足で走れの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net