中島みゆき 下町の上、山の手の下 歌詞

中島みゆきの「下町の上、山の手の下」歌詞ページ。
「下町の上、山の手の下」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

下町の上、山の手の下

歌:中島みゆき 作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

下町では彼女はとびっきりの上玉
しみったれた奴らなんかまっぴらの上玉
山の手ではあいつは見くだされた皮肉屋
気取り屋たちのゲームからこぼれた皮肉屋
似合いと意外は紙一重のめぐり会い
いちいち気に障るしたたかな組み合わせ
下町の上、山の手の下
下町の上、山の手の下
少しだけ油断をさせてくれ

思い出はすれ違う話せば話すほど
ケンカにもならないイライラの繰り返し
そして彼女は下町へあいつは山の手へ
帰りついて初めて荒野だと気がつく
下町の上、山の手の下
下町の上、山の手の下
もう一度油断をさせてくれ

下町から山の手へ電車は通わない
山の手から下町へ電車は通わない
けれど彼女は山の手へあいつは下町へ
気に障る相手のもとへと歩いてゆく
下町の上、山の手の下
下町の上、山の手の下
もう一度油断をさせてくれ

下町の上、山の手の下
下町の上、山の手の下

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net