中島みゆき あのバスに 歌詞

中島みゆきの「あのバスに」歌詞ページ。
「あのバスに」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

あのバスに

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

あのバスに乗らなけりゃならないと急いでいた
立ちふさがる雨傘 押しのけてとび乗った

選ぶほどたくさんのバスがあるわけじゃないから
目の前に来たバスに乗ることだけ考えた
精一杯に急いだと 肩で息を継ぎながら
押しのけたあの傘の中に自分がいた気がした
あのバスに乗らなけりゃならないと急いでた

あのバスの行く先を見もせずに急いでいた
見飽きた枝の下を 駆け抜けてとび乗った

後ろが見えなくなる角を曲がってしまったなら
何もかも風景が新しくなるはずだった
ミラーの中 遠ざかる古い樹は切り倒され
角を曲がり見たものは 数えきれない曲がり角だった
あのバスの行く先を見もせずに急いでた

精一杯に急いだと 肩で息を継ぎながら
押しのけたあの傘の中に自分がいた気がした
あのバスに乗らなけりゃならないと急いでた
あのバスに乗らなけりゃならないと急いでた

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net