中島みゆき 夜行 歌詞

中島みゆきの「夜行」歌詞ページ。
「夜行」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

夜行

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

夜起きてる奴に ろくな奴はいないと
言われなかったか 子供だった頃に
日暮れどきにねぐらへ帰ってゆかない獣は
みんな獰猛な種類だと
どんなに心優しくても 口下手な奴なら
きっと後ろめたい何かあるに違いないと決められる
夜行の駅で泣いているのは みんなそんな奴ばかり
夜行の町を生きてゆくのは みんなそんな奴ばかり

夜さまよう奴は まともな帰り先がないせいだと
憐れみを受けている
ふところに入れた手は凶暴な武器を隠しているに
違いないと見られる
本当は 散りそうな野菊を雨から隠してる
わざと胸をあけてバカをやって凍えきって風邪をひく
夜行の駅で泣いているのは みんなそんな奴ばかり
夜行の町を生きてゆくのは みんなそんな奴ばかり

本当は 散りそうな野菊を雨から隠してる
わざと胸をあけてバカをやって凍えきって風邪をひく
夜行の駅で泣いているのは みんなそんな奴ばかり
夜行の町を生きてゆくのは みんなそんな奴ばかり
夜行の駅で泣いているのは みんなそんな奴ばかり
夜行の町を生きてゆくのは みんなそんな奴ばかり

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net