中島みゆき 五月の陽ざし 歌詞

中島みゆきの「五月の陽ざし」歌詞ページ。
「五月の陽ざし」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

五月の陽ざし

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

遠い日の あなたの贈り物
まだ開けてみることもなかった
リポンを見ただけで 何か重い気がしてしまったんです

贈り物は 難しいものです
喜ぶかと 迷惑だろうかと
その代わりに何か望んでると 疑われたら悲しい

難しい意味なのかと おじけづいて 放り出して

長い年月が過ぎて 理由も忘れてほどいてる
色の梱せたリボン

小箱には 綿にくるまれて
ドングリが きょとんと光ってた

遠い日の あなたの贈り物
まだ開けてみることもなかった
植えてみようかとも思ったけれど すでに時は過ぎたね

黙ったまま逃げ帰った 話しづらくなっていった

五月の陽ざしの中で
あの素直な笑顔の人を思い出してみます

「ありがとう」でよかったのにね
ドングリにまで気の毒なことをしました

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net