中島みゆき 暦売りの歌 歌詞

中島みゆきの「暦売りの歌」歌詞ページ。
「暦売りの歌」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

暦売りの歌 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

1.
嗚呼 1日を何処へ運ぼうか
過ぎ去りし過去の日へ 暦を直すため
嗚呼 1日を何処へ運ぼうか
未だ知らぬ先の日へ 暦を先取るため
愚かさは輪をかけて 自惚れという輪をかけて
手に負えぬ今日の日を 悪態吐きつつ捨てかねて
暦はいかが 新しき古えを
暦はいかが 1生1度の1日を
暦はいかが 新しき古えを
暦はいかが 1生1度の1日を
総て良き日であるように

2.
嗚呼 1日を何処に描こうか
過ぎ去りし過去の日に 暦の数の上
嗚呼 1日を何処に隠そうか
未だ知らぬ先の日に 暦の数の合間に
愚かさは輪をかけて 自惚れという輪をかけて
手に負えぬ今日の日を 悪態吐きつつ捨てかねて
暦はいかが 新しき古えを
暦はいかが 1生1度の1日を
暦はいかが 新しき古えを
暦はいかが 1生1度の1日を
総て良き日であるように

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

暦売りの歌の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net