中島みゆき 掌 歌詞

中島みゆきの「」歌詞ページ。
「掌」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

歌:中島みゆき 作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

1.
なんと小さな この掌であろうか
わずかばかりの水でさえも こぼれて
なんと冷たい この掌であろうか
わずかばかりの砂でさえも こぼれて
何んでも出来ると未来を誇っていたのは
小さな掌の少年の頃だけだった

2.
この掌で支える何かがあろうか
ひれ伏す地面に両の掌をつく以外に
この掌で守れる何かがあろうか
打たれる我が身を両の掌でかぼう以外に
他にはないのか 生まれたことの役目は
他にはないのか この掌の仕事は
何んでも出来ると未来を誇っていたのは
小さな掌の少年の頃だけだった

3.
私のやつれた掌に
陽射しよまだ何か命ずるか
私のやつれた掌に
陽射しよまだ何か命ずるか

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net