中島みゆき 鷹の歌 歌詞

中島みゆきの「鷹の歌」歌詞ページ。
「鷹の歌」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

鷹の歌 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

1.
あなたは杖をついて ゆっくりと歩いて来た
見てはいけないようで 私の視線はたじろいだ
あなたはとても遅く 身体を運んでいた
まわりの人はみんな いたわりの手を差しのべた
鷹と呼ばれていた人が
這うように命を運ぶ
「見なさい」 あなたの目が
「見なさい」 私を見た
「怖れるなかれ 生きることを」
鷹の目が 見つめて来た

2.
世界は変わってゆく あなたはいつもそれの
変えてはならないことを つよく叫び続けて来た
世界は変わってゆく あなたを嘲笑(わら)いながら
私はあなたの歌を 痛々しく聴き返す
灰色の翼は痩せて
かすれた鳴き声をあげて
「見なさい」 あなたの目が
「見なさい」 私を見た
「命を超えて続くものを」
鷹の目が 叫んでいた

3.
あなたは停(と)まりもせず そのまま歩いてゆく
面倒な道ばかりを あえて歩き続けてゆく
私は自分を恥じる あなたを思って恥じる
ラクな道へ流れくだる 自分の安さを恥じる
鷹と呼ばれていた人が
這うように命を運ぶ
「見なさい」 あなたの目が
「見なさい」 私を見た
「怖れるなかれ 生きることを」
鷹の目が 見つめて来た

「見なさい」 あなたの目が
「見なさい」 私を見た
「怖れるなかれ 生きることを」
鷹の目が 見つめて来た

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

鷹の歌の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net