中島みゆき 病院童(びょういんわらし) 歌詞

中島みゆきの「病院童(びょういんわらし)」歌詞ページ。
「病院童(びょういんわらし)」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

病院童(びょういんわらし) 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

1.
痛い苦しい時にゆく もしくは運ばれる
ゆかずに済めば関(かかわ)りたくない それが病院
「きっと元どおりにしてね」「きっと昔に戻してね」
言うほうも言われるほうも なかなかせつない
病院は戦場だ 病院は外国だ
まさか過ぎる人生が 行ったり来たりする

2.
叶うものなら 密やかに病院の片隅で
日曜日も寄り添ってる 童(わらし)になりたいわ
きっと治って帰ってね きっと笑って帰ってね
ここで出会ったことなんか忘れてしまってね
病院は戦場だ 病院は外国だ
急ぎ過ぎる人生が 行ったり来たりする

3.
病院で産まれて 病院で育った
この頃は 消毒のあの匂いが やや物足りない
病院は戦場だ 病院は外国だ
普通の表通りから さほど遠くない

4.
所詮1人であることを ここでは知らされる
元気ならば越えられる孤独が 身に刺さる
「何んだおまえまだ居たのか」と笑ってもらえたらうれしい
1人ぽっちで泣く人の居るのは悲しい
病院は戦場だ 病院は外国だ
心細い人生が 行ったり来たりする
病院は戦場だ 病院は外国だ
病院童(わらし)になりたい 切実な願い

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

病院童(びょういんわらし)の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net