中島みゆき もういちど雨が 歌詞

中島みゆきの「もういちど雨が」歌詞ページ。
「もういちど雨が」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

もういちど雨が 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

もういちど雨が降りだしたみたいだね
遠ざかる車たちの足音が濡れている
この街の雨は ひそやかな音で降るね
今もまだ馴染(なじ)めなくて 聞き逃しそうになる
偶然は一生に一度しかないのかな
もういちど始まりの偶然はないのかな
愛はどこだ 指の隙間(すきま)から
こぼれ落ちた日々を探している
愛はどこだ あの日々は
もういちど雨が降りだしたみたいだね
もういちど素直になれば やり直せるだろうか

遠い日に旅に出て 今もまだ旅に居て
帰るのに足りるだけの理由を探している
この街の外で もういちど出会えたなら
寂しさに騙(だま)されずに 求め合えるだろうか
過ぎてゆく時間より他(ほか)にもうないのかな
悲しみを拭い去る奇跡はないのかな
愛はどこだ まるで水のように
こぼれ落ちた夢を探している
愛はどこだ はじめから
もういちど雨が降りだしたみたいだね
もうないと思っていた空が まだあるらしい

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

もういちど雨がの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net