中島みゆき 氷中花 歌詞

中島みゆきの「氷中花」歌詞ページ。
「氷中花」は、作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき。

氷中花 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

誰にも頼らずに強く歌うことに憧れ
なさけないほど何ひとつ叶(かな)わぬ自分を知る
誰にも甘えずに歌う潔(いさぎよ)さに憧れ
境界線の重なりが痛い街でうずくまる
夏だったよね 抱き合ったのは
明日(あす)を思わず むさぼるように
夏だったよね 失ったのは
わけもわからず ただ待っていた
もう泣かない もう呼ばない 後悔の資格もない
情(じょう)を持たない花のように 氷の中立っている

夢を見てた それは誰にでも許される宝物だ
飛び立つことに不器用な人間にとってさえも
溢(あふ)れかえる夢どれもこれも 届きそうで捨て難(がた)くて
置き去りにして気付かない 一番だいじなものに
夏だったよね 間違ったのは
一瞬の今と 永劫(えいごう)の未来
夏だったよね 欲しかったのは
もう戻らない 一瞬の今
なんて冷たい熱だろう 灼熱も情熱も
君の無い夏ならば 氷の中咲いている

夏だったよね 抱き合ったのは
明日(あす)を思わず むさぼるように
夏だったよね 失ったのは
わけもわからず ただ待っていた
もう泣かない もう呼ばない 後悔の資格もない
情(じょう)を持たない花のように 氷の中立っている
君の無い夏ならば 氷の中咲いている

文字:
   
位置:
 



中島みゆきの人気歌詞

氷中花の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net