レミオロメン 五月雨 歌詞

レミオロメンの「五月雨」歌詞ページ。
「五月雨」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

五月雨

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太

水溜まり 飴色に揺れていた
羽閉じた虫は どっか飛んでいった
いつの間にか 飛んでいってしまった
僕ら じっとしていたくなかった

輝きはアスファルト離れ
ロウの羽根しょって描いた空

※びしょ濡れだけど さよなら さよなら
気にしないでね
僕らは雨滴でも舐めるさ
見上げたのは 青空 青空
バットみたいに 振り下げた
傘が開いて花が咲いた※

水溜まり 飴色に空映した
タイヤから 漏れた油が光った
いつの間にか 虹が架かった
僕ら 裸足のまま走ったんだ

自由とはアスファルト離れ
ロウの羽根溶けて目指した空

びしょ濡れだけど さよなら さよなら
気にしないでね
僕らは冷える風も平気さ
思い出だけ 青空 青空
傘じゃ飛べない 勘違いの果てに
傷ついても笑えた

見慣れることのない空 瞬きはストロボ
若葉が擦れる音 土が蒸す匂い
日差しにとけた 五月雨

(※くり返し)

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net