レミオロメン 紙ふぶき 歌詞

レミオロメンの「紙ふぶき」歌詞ページ。
「紙ふぶき」は、作詞:藤巻亮太、作曲:前田啓介。

紙ふぶき

歌:レミオロメン 作詞:藤巻亮太 作曲:前田啓介

ああ、答え待って意味探して何もせずぼやいて
何日 何十日 生きてる
突然 目覚めるって思っていたけどそうでもなくて
何年 何十年 生きてる

諦めてしまうことと投げやりになれないこと
その狭間で瞳を閉じた

不器用に生きる意味探して
紙ふぶきからひとつ探るよ
真冬の空 駆け上がって
心に響く風の音聞く人の旅路さ
どこまで伸びるかな
夢を型抜き冬を越してゆくよ

ああ、イメージって形もなく空気みたいだから
僕らの欲求はふくれ上がる

退屈とスリル感を天秤にかけることも
いつの間にか怖くなって

風もなく立ちつくした日々も
脈打ってたよ心の場所は
真冬の中 雪も溶かす
僕らはらしさを探している? 思い出してる?
どちらも同じさ
日々に足つけ冬を越してゆくよ

不器用に生きる意味探して
紙ふぶきから一つ握るよ
真冬の空 駆け上がって
心に響く風の音聞く人の旅路さ
どこまで伸びるかな
夢を型抜き冬を越してゆくよ

夢を型抜き冬を越してゆくよ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net