レミオロメン 幸せのカタチ 歌詞

レミオロメンの「幸せのカタチ」歌詞ページ。
「幸せのカタチ」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

幸せのカタチ

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太

もしも二人 愛の神秘で
愛の力で目覚めたならば
星もベッドも飛び越えて
何時だってそこでひとつになれるのに

もしも春が素顔な顔で
素敵な風で訪れたなら
意地もうわべも吹き飛ばし
素のままで生きる勇気をくれたら

比べて計っても見えない輝きで世界は溢れている
君と僕は違う感じ方でそれを見ているんだ

ねえ君は幸せかい?僕が必要かい?
肌触りや息遣いのような不確かさで
埋めるように 撫でるように 確かめ合う

もしも僕が もしかして君が
完璧を求め過ぎたならば
気にも留めない石ころで
つまずいたりして失望を味わって

モヤモヤした雲の切れ間に
僕らの日常が絡まって
幾つもの感情の束
紐解けずにまだ心にあるのさ

見ないふりしてスマートを装っても片方で必死なっている
君と僕は多分同じものを探しているんだ

ねえ僕ら幸せかい?景色は本物かい?
口に出したら消えてしまいそうで
何だか怖いけど 信じていたい たった一度生まれたから

優しくも 可愛くも 強くもなれない自分がいるよ
そんな時はきっとカタチにとらわれているんだ

ねえ君は幸せかい?大事な人よ
肌触りや息遣いのような温かさで
目には見えない カタチすらない幸せ

ねえ僕ら目の前にあったら気付けるかな?
何の保証もなく無力だけれど
この生き方を信じていたい
出会ったから 抱き合ったから
育んだから 奇跡だから
たった一度生まれたから

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net