レミオロメン 夏の日 歌詞

レミオロメンの「夏の日」歌詞ページ。
「夏の日」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

夏の日

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太


川の底 石が滑った
僕らは転び 飛沫が立った
冷たくて足が痛んだ
魚が逃げて光が跳ねたんだ

眩しくて目を細めた
傾きだした 太陽は赤
火を囲み話をしたね
体育座りで お尻が冷えたんだ

青い月の向こう側
鈴虫が鳴いたんだ
煙の匂いが夜を連れてきた

※言葉は幾つも要らなくて
君を見てれば全て分かる
流れ星をいくつも探し
虫取り網で夢をすくう※

蝋燭の火を消せないで
夜更かしをして 静かを聞いた
べたついた肌の上には
露が一粒 月を写したんだ

水をかけられた火は
灰と泥だんご
振り向けばその度に朝が近づいた

(※くり返し)

強く生きるとは何ですか
破れた網から空が笑う
黄昏の果てに佇んだ
それは 思い出の中の夏の日

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net