レミオロメン 明け星 歌詞

レミオロメンの「明け星」歌詞ページ。
「明け星」は、作詞:藤巻亮太、作曲:前田啓介。

明け星

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:前田啓介

夜明け前が 一番暗いねってまだ
鳴らない目覚まし時計
たまに早く起きてしまった朝 なぜ?
訳もなく寂しくて
昨日描いた明日が
今始まろうとしているのに
何の準備もできてない僕さ

東の空が白んでゆくのを見てた
生まれたての今日の日を
耳を澄ませば街も人も生きている
そう 一人じゃなくて

都会の夢 沢山の嘘と本当
掛け違えたボタンが
奇麗に揃う事はなさそうだけど もう
前だけを見てみるよ
どれほどの期待も
散らばってしまう現実の壁の空にも
明け星輝くよ

朝焼けが街を滑るように広がって
暗闇を照らし出してく
それぞれの理由で回る星の軸を
見失わぬように

風の止んだ街
明け方には
静かな始まりの予感がある

東の空が白んでゆくのを見てた
生まれたての今日の日を
耳を済ませば街も人も生きている
ねえ 何をしようか
昨日と今日の変わらぬ景色に色を添え
朝日が昇ったよ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net