レミオロメン オリオン 歌詞

レミオロメンの「オリオン」歌詞ページ。
「オリオン」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

オリオン

歌:レミオロメン 作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

日の暮れた街に冬の香りが少し
二人の背中を照らす月明かり
枯れ葉を運ぶ風は何よりも自由で
そんな風に生きたいと思ったよ
内側をさらす 迷路をくぐり抜けて
近くに行けたらいいのにな
伝えたい言葉を探すけど
吐く息は凍えてて 体を寄せ合った

あなたの隣から見る星が
あまりにも綺麗だから
このまま歩きたい
夜空を満たす風が月光を泳いでいる

街の灯りに呼吸が重なり合って
ざわめきの中言葉はいらない
枯れ葉をたどる光は何より優しくて
そんな風に生きたいと思ったよ
ツリーが揺れてる イルミネーションの中
求めるのは誰の温もり
人混みの中 たったひとつの温かさに
出逢ったよ お互いに向けられた

あなたと生きる事 分かつ事
この一秒の中にある
粉雪舞い降りて距離が近づいてゆく ほら

眩しい雪の反射
羽ばたいた無名の渡り鳥の様な青い月

冷たい手を温めて体を寄せ合って

あなたのことが好き
この時が一秒ずつ過去になって
いつかは思い出が夜空を満たす星で
埋まるまで歩かないかい
オリオンが矢を射り
冬枯れの街の中を流れ星が
僕らを横切って彼方に落ちてゆくよ
雪が染める街を抜けて

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net