レミオロメン 虹をこえて 歌詞

レミオロメンの「虹をこえて」歌詞ページ。
「虹をこえて」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

虹をこえて

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太

虹は静かな雨上がりに
低い雲を持ち上げるように
架かった 僕らはときめくまま
屋上に駆け上がってみたね
幼い頃に描いた夢
その通りにはいかないけど

手を伸ばしたら君がいて
笑い合ったら風になった
夜の向こうに朝が来て
太陽燦々と輝いた
嫌な自分もいるんだけど
抱きしめ合う事も出来るだろう
腹が立ってへこむ事は
空の向こうへ投げてしまおうよ
Ah 今日も感謝してます

風は若い秋の匂いで
青い稲穂をなびかせた
土手に咲いた彼岸花には
小さなトンボとまっていたんだ
君と見た景色が
心の中に溢れてる

手を繋いだら君笑って
ゆっくり未来へ歩いてった
何気ない日々の喜びが
キラキラと輝き出したんだ
好きな自分はどこまでも
嫌いな自分と友達さ
同じ入れ物に入って
同じ空気を吸って吐いて
Ah 素直に今抱きしめたい

風が歌っているよ
虹をこえ 空をこえ
君も聴いているかな
始まりのこのメロディーを

見えない力が
心と心繋いでいった
高く高く望んだ先
深く深く沈んだ最果て
行き着く場所に何があるんだ
始まりの光との出会いさ
嫌な現実もあるけれど
変えていく事も出来るだろう
雨雲が去った青空を
越えて明日に虹を架けようよ
Ah 今日も感謝してます

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net