ザ・ピーナッツ 小さな喫茶店 In Einer Kleinen Konditorei 歌詞

ザ・ピーナッツの「小さな喫茶店 In Einer Kleinen Konditorei」歌詞ページ。
「小さな喫茶店 In Einer Kleinen Konditorei」は、作詞:Ernst Neubach、作曲:Fred Raymond。

小さな喫茶店 In Einer Kleinen Konditorei

歌:ザ・ピーナッツ 作詞:Ernst Neubach 作曲:Fred Raymond

それは去年の事だった
星のきれいな宵だった
二人で歩いた思い出の小道だよ
なつかしい あの過ぎた日の事が浮かぶよ
この道の歩く時
何かしら なやましくなる
春先の宵だったが…
小さな喫茶店に入った時の二人は
お茶とお菓子を前にして一言もしゃべらぬ
そばでラジオがあまい歌をやさしく唄ってたが
二人はただだまって向き合っていたっけね

何かしら なやましくなる
春先の宵だったが…
小さな喫茶店に入った時の二人は
お茶とお菓子を前にして一言もしゃべらぬ
そばでラジオがあまい歌をやさしく唄ってたが
二人はただだまって向き合っていたっけね


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net