二葉百合子 瞼の母 歌詞

二葉百合子の「瞼の母」歌詞ページ。
「瞼の母」は、作詞:横井弘、作曲:遠藤実。

瞼の母

歌:二葉百合子

作詞:横井弘

作曲:遠藤実

親はあっても 顔さえ知らず
表通りを はずれ笠
どこに
どこにいるのか
おっかさん おっかさん
瞼あわせて 今日も呼ぶ

(セリフ)
「おかみさんそれじゃあ番場宿
の忠太郎と云う者に憶えはねえとおっ
しゃるんでござんすか」

永い歳月(としつき) 別れて住めば
遠くなるのか 気持まで
俺は
俺は馬鹿だよ
おっかさん おっかさん
なまじ逢わなきゃ 泣くまいに

(セリフ)
「考えてみりゃあ俺も馬鹿よ
骨をおって夢を消してしまった…」

西へ飛ぼうが 東へ行こうが
とめてくれるな 花すすき
これで
これでいいのさ
おっかさん おっかさん
瞼とじれば また逢える

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net