二葉百合子 小判鮫の唄 歌詞

二葉百合子の「小判鮫の唄」歌詞ページ。
「小判鮫の唄」は、作詞:高橋掬太郎、作曲:大村能章。

小判鮫の唄

歌:二葉百合子 作詞:高橋掬太郎 作曲:大村能章

かけた情が いつわりならば
なんで濡れよか 男の胸が
かつら下地に ともしび揺れて
いつか浮き名の こぼれ紅

(セリフ)
「おらん様お情けうれしゅうは
存じますけれども、所詮この世で結ば
れぬしがない役者の中村 紅雀(こうじゃく)、どうぞ
お諦めくださいませ…と云うても真(まこと)は
明かされぬ、そうじゃどうせ捨て身のつ
なわたり」

好きといおうか 嫌いといおうか
嘘と誠は 両花道よ
仇な夜風に まただまされて
ほろり落とした 舞い扇

(セリフ)
「おらん様 紅雀めがお言葉に
従わぬのはあなたの父御(てゝご)が私の父の仇
ゆえ、なのにあなたは命までもとおっし
ゃった…これが運命(さだめ)のお芝居ならば辛い
涙の牡丹刷毛」

誰の涙か 二片三片(ふたひらみひら)
まわり舞台に 散る花片よ
恋は一筋 生命(いのち)にかけて
なんの恐かろ 小判鮫


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net