二葉百合子 関東仁義 歌詞

二葉百合子の「関東仁義」歌詞ページ。
「関東仁義」は、作詞:木下龍太郎、作曲:白石十四男。

関東仁義

歌:二葉百合子

作詞:木下龍太郎

作曲:白石十四男

「ご列席のご一統さん 失礼さんにござ
んす。
私生国と発します 関東にござんす。
関東は江戸 改めまして東京は浅草
花川戸にござんす。
男度胸の二の腕かけて
義理人情の紅い花
彫って入った稼業にござんす。
渡世縁持ちまして天神一家にござんす。
姓は左近寺 名は龍也
通称抜き打ちの龍と発します。
昨今かけ出しの 若輩者にござんす。
向後(きょうこう) 万端よろしゅうおたの申します」

お世辞笑いで 生きてくよりは
義理の二文字 抱いて死ぬ
古い男の 誠の道を
なんで世間は 馬鹿という

惚れた女に 難くせつけて
むける背中に 夜の風
短刀(ドス)を呑んでる この懐(ふところ)に
抱いちゃいけない 堅気花

半ぱ者でも 傷もつ身でも
なんで汚(けが)そう 心まで
割ってみせたい 五尺の身体
どこに男の 嘘がある

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net