二葉百合子 渡り鳥でござんす 歌詞

二葉百合子の「渡り鳥でござんす」歌詞ページ。
「渡り鳥でござんす」は、作詞:室町京之介、作曲:山口俊郎。

渡り鳥でござんす

歌:二葉百合子 作詞:室町京之介 作曲:山口俊郎

旅の烏で 三年三月
影もやつれた やくざ髷
ドスを抱き寝の 今宵の夢も
風に流転の 三度笠

(セリフ)
「あれから三年――おふくろさん、
今頃ァ何うして居なさるか、会いてえ、
一目でもいいから会いてえ、
あゝ、見える、生まれ故郷の山川が
――聞える俺を呼んでる
おふくろさんのアノ声が――」

男なりゃこそ 忘れて居たに
思い出させて 又泣かす
アレは宵宮の 太鼓か笛か
知らぬ他国の 祭り唄

翼あろうが なかろがまゝよ
鳥と名前が つくからにゃ
行かざなるまい やくざの果てと
泣いて浮世を 渡り鳥


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net