二葉百合子 赤穂浪士 歌詞

二葉百合子の「赤穂浪士」歌詞ページ。
「赤穂浪士」は、作詞:嶋淳平、作曲:山中博。

赤穂浪士

歌:二葉百合子 作詞:嶋淳平 作曲:山中博

花の大江戸 空飛ぶ雲は
遥か赤穂の 流れ雲
時は元禄 泰平なれど
君に忠節 尽くさんと
四十七士の 四十七士の晴れ姿

(セリフ)
「おそれながら徳川幕府の御
政道(ごせいどう)に物申す
御事(おんこと)の発端(ほったん)は 主君浅野と吉良(きら)殿の
武士(もののふ)同士の遺恨沙汰(いこんざた)
お咎(とが)めならば 両成敗(りょうせいばい)がしかるべき
なれど身は切腹の血しぶきに
染めて断絶赤穂城
遺恨を晴らして 忠節忠義
殿のお側(そば)に 参りまする」

春の名残りを 桜に問うて
散りて儚(はかな)き 運命(さだめ)かよ
松の廊下の 葵(あおい)の風に
あおぐお城も 崩(くず)れゆく
哭(な)くか路頭(ろとう)の 哭(な)くか路頭(ろとう)のはぐれ鳥

殿の無念の 裁きは如何(いか)に
上意理不尽(じょういりふじん) 片手落ち
若き命も 老いたる身でも
赤穂浪士と 名を連(つら)ね
かざす白刃に かざす白刃に鬨(とき)の声


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net