梶芽衣子 修羅の花 歌詞

梶芽衣子の「修羅の花」歌詞ページ。
「修羅の花」は、作詞:小池一雄、作曲:平尾昌晃。

修羅の花 歌詞

歌:梶芽衣子

作詞:小池一雄

作曲:平尾昌晃

死んでいた朝に とむらいの雪が降る
はぐれ犬の遠吠え 下駄の音きしむ
いんがなおもさ みつめて歩く
闇を抱きしめる 蛇の目の傘一つ
いのちの道を行く女 涙はとうに捨てました

ふりむいた川に 遠ざかる旅の灯が
凍てた鶴は動かず 哭いた雨と風
冷えた水面に ほつれ髪映し
涙さえ見せない 蛇の目の傘一つ
怨みの道を行く女 心はとうに捨てました

義理も情も 涙も夢も
昨日も明日も 縁のない言葉
怨みの川に身をゆだね
女はとうに捨てました

文字:
   
位置:
 



梶芽衣子の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

修羅の花(市川由紀乃)

修羅の花の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net