春日八郎 裏町夜曲 歌詞

春日八郎の「裏町夜曲」歌詞ページ。
「裏町夜曲」は、作詞:杉江 晃、作曲:山口進。

裏町夜曲

歌:春日八郎 作詞:杉江 晃 作曲:山口進

おまえがばかなら 俺もばか
ばかを承知で なぜほれた
落ちて流れた この裏町が
今じゃふたりの 仮の宿
泣かずにおくれと いいながら
いつかおいらも 泣いていた

どうせ日陰の ふたりの運命
風よなぶるな いまさらに
おまえが飲むなら 俺も飲む
飲んで悩みが 消えるなら
消えるものかよ この裏町の
暗いあかりが さすかぎり

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net