斉藤和義 時が経てば 歌詞

斉藤和義の「時が経てば」歌詞ページ。
「時が経てば」は、作詞:斉藤和義、作曲:斉藤和義。

時が経てば 歌詞

歌:斉藤和義

作詞:斉藤和義

作曲:斉藤和義

ビルの屋上から男が飛び降りようとしている
下には野次馬がたくさん集まってみんな固唾を飲んでる
けたたましいパトカーのサイレン ピーポーピーポー救急車
ハシゴ車は限界まで伸ばすけれどまるで届かない

男にいったい何があったんだろう
借金でもしたか?女にでもフラれたか?
時が経てば忘れられることだってあるってのに

ビルの屋上では男を刑事らしき人が説得している
野次馬はさらに集まって まるで夏祭りみたいだ
上空では何機ものヘリコプター あふれかえるテレビの中継車
レポーターがおばさんにインタビューをしている
「あぶないわねぇ」なんて言いながら
「どうしたのかしらねぇ」なんて言いながら
少し髪を直したりして テレビに出るのがちょっと嬉しそう

キミの知ってるボクが きっと本当の自分なのかもしれない
キミが思ってるキミよりも きっとボクの方がキミを知っているように
キミはボクの事を前に優しい人だなんて言ったけれど
池で溺れてる犬を ボクは飛び込んでまでは助けない

男にいったい何があったんだろう
酒でも飲み過ぎたか?それとももうすべてに疲れたか?
時が経てば忘れられることだってあるってのに

ビルの屋上では まだ男を刑事が説得している
あいつはスマホのカメラで 上手く撮れたかどうかのチェック
テレビはどの番組も生中継 男の父親に「どうですか?」なんて聞いてる
男はしゃがみこんでどうやら泣き出しているみたいだ
刑事が男の肩を抱いて 男は飛び降りるのをやめた
その時ボクのケータイに「お米送ったわよ」って母の声

男にいったい何があったんだろう
過去がツライのか もう笑う事も忘れたか
何も手にしなかったか それともすべてをやりつくしたか?
傷つき過ぎたのか 傷つけ過ぎたのか
時が経てば忘れられることだってあるってのに
時が経てば笑っちゃうことだってあるってのに

がんばれ 負けるな がんばれ もうちょっとの辛抱だよ
がんばれ がんばれ Uh―
時が経てば笑っちゃうことだってあるんだから
時が経てば忘れちゃうことだってあるかもよ

文字:
   
位置:
 



斉藤和義の人気歌詞

人気の新着歌詞

SUMMER LOVE(初回限定盤)(DVD付)

SUMMER LOVE

MAG!C☆PRINCE

Wow wow…Get ready for a s...

THE New Era(初回生産限定盤B)(DVD付)

THE New Era

GOT7

Baby, What you waiting for?...

もう会えないけど、平気ですか?~Our days~

SOLIDEMO

夢中で夢を誓い合って 二人なぜか恋に落ちて手探りで...

湿った夏の始まり[初回限定仕様盤](特典ポスターなし)

ストロー

aiko

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげ...

デート

斉藤壮馬

終電間際の高田馬場でぼくらは出会ってボーリング場の...

恋衣(DVD付)

恋衣

林部智史

ふと目を窓にやれば花水木の葉が揺れてるいつ...

Bloom(通常盤)

Fall

Superfly

今宵 お邪魔をいたしますひとつ秘密を増やしましょう...

SISTER 通常盤

SISTER

luz

清純で誠実で口虚(うそ)まみれのディナーのあとは猫...

Heaven Only Knows/13ヶ月

Heaven Only Knows

CHEMISTRY

季節はずれの花 風に揺れてるふたり過ごした最後の日...

プライド [グッズ付数量生産限定盤]<CD+グッズ>

プライド

高橋優

君ではダメだと言われてしまったか?君じゃない人の方...

FREEDOM

入野自由

気づけばこんなにも遠くの場所まで歩いてきた自分...

アプリゲーム『アイドリッシュセブン』「ナナツイロ REALiZE」 (特典なし)

ナナツイロ REALiZE

IDOLiSH7

奇跡なんて言葉は いつが使いどきか?そんなの分から...

イノセントデイズ 通常盤(CD Only)

イノセントデイズ

Sexy Zone

最終電車に 色褪せた景色に 溢れる何か今日もコンビ...

トマレのススメ

駒形友梨

[ボクらは...]“踏み切るためには 足を止め...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net