嵐 Re(mark)able 歌詞

の「Re(mark)able」歌詞ページ。
「Re(mark)able」は、作詞:R.P.P.・櫻井翔、作曲:吉岡たく。

Re(mark)able

歌: 作詞:R.P.P.・櫻井翔 作曲:吉岡たく

ARASHI'S LIFE 終わらない
突き抜けた未来に立っている

ARASHI'S FIGHT  止まらない
光をこの手に掴むまで

とんでもなく甘い気象予報
曰く俺らは異常気象

(what?)東から西へとかけて大移動
散りぢりばり行くこの大気上

上へ上へあがり 昇る軌道 そう空中飛行
雲々集まり 雨よ降りて固まる地上

噂じゃどうかな まるで大穴
そんなもんで勝てそうかな?

獣の道でも通らば…ah
おっとと止まらない

(hi-ha)兎よりもカメ進む猛追
堪えきれずいまじゃ大洪水

そう類を見ない程に じわりじわり進み行き
ここ東京の中心から 世界へ羽ばたく

大空から地上へ瞬く 未だ決して何一つ変わらず
ありのまま何一つ飾らず

08ARASICK 再発 船出の前に一つ挨拶
未開拓地をまたまた開拓 LIGHT UP!
聴衆灯せ 松明

ARASHI'S LIFE 終わらない
突き抜けた未来に立っている

ARASHI'S FIGHT  止まらない
光をこの手に掴むまで

この五つの輪がまた集まり
さすらい 侍 聖地に赴く

話はそう歴史に基づく
全てを覆う 強風

暴風雨(blah) 雷落とす
稲妻じきにあなたを襲う

遠のく闇の中から きらりきらり光り出す
ここ東京の中心から またも陽が昇る

上空から下界まで臨む 時に少しの痛みが襲う
起きるために七回は転ぶ

貪欲にてまだmだ足りなく 大海原にまたも波立つ
08ARASICK 再発 聴衆灯せ 松明

(雲間から太陽を わずかに望むものの
空は雲が立ち込め 漆黒の闇に覆われています)

(時折 稲光が瞬き まるで…まるで空が歓喜に
酔いしれているかの様な…)

狂乱の渦に 包まれているかの様な
見た事もない空 失いかけた言葉

天を引き裂く音が ただ耳に残った
天を引き裂く音が ただ耳に残った
“研いだ爪隠し 牙をむく”

この五つの輪がまたもや集まり
さすらい 侍 聖地に赴く

話はそう歴史に基づく
全てを覆う 強風

兎よりもカメ進む猛追
堪えきれずいまじゃ大洪水

そう類を見ない程に じわりじわり進み行き
ここTOKYO

ARASHI'S LIFE 終わらない
突き抜けた未来に立っている

ARASHI'S FIGHT  止まらない
光をこの手に掴むまで

炎は消えない 歓喜の歌は
鳴り止む事なく 明日へ
最高のステージ ここで始まる

ARASHI'S LIFE 終わらない
08ARASICK 再発 船出の前に一つ挨拶

ARASHI'S FIGHT  止まらない
研いだ爪隠し牙をむく 予報士たち堪えうつむく

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net