嵐 To be free 歌詞

嵐の「To be free」歌詞ページ。
「To be free」は、作詞:Soluna、作曲:Samuel Waermo/Octobar。

To be free 歌詞

歌:

作詞:Soluna

作曲:Samuel Waermo/Octobar

流れる雲に憧れた僕ら 遮るものなど何ひとつない
記憶の中に刻んだ空の色は あの日のように 変わらぬように

どこへ行こうか まだ見ぬ場所へ
時は止まらない 手を伸ばして

渇いたまま僕らは駆け出したんだ ごまかせない心に気づいたから
何も飾らず そのままで 風に吹かれ行くだけさ To be free

日射しの中で笑い合った僕ら 無邪気な声が今も響いてる
溢れるほどの想いは明日に向かい 輝くように 変わらぬように

一人じゃないさ 涙拭(ぬぐ)えば
大切なものに 気づくのだろう

透き通ったまま僕らは夢描いたんだ あきらめない太陽より煌めくから
流した汗も そのままで 光求め行くだけさ To be free

振り返ることも出来ずに 走り抜けてきた僕ら
上り下り繰り返した それは時に甘くほろ苦い

渇いたまま僕らは駆け出したんだ ごまかせない心に気づいたから
何も飾らず そのままで…
透き通ったまま僕らは夢描いたんだ あきらめない太陽より煌めくから
流した汗も そのままで…

渇いたまま僕らは駆け出したんだ ごまかせない心に気づいたから
何も飾らず そのままで 風に吹かれ行くだけさ To be free

To be free...

文字:
   
位置:
 



嵐の人気歌詞

同名の曲が7曲収録されています。

TO BE FREE(PERSONZ)

TO BE FREE(doa)

To Be Free(中川翔子)

To be free(平原綾香)

To be Free(鈴木亜美)

To Be Free(池田彩)

TO BE FREE(unicorn table)

人気の新着歌詞

FAKE LOVE/Airplane pt.2(初回限定盤A)(DVD付)

FAKE LOVE -Japanese ver.-

BTS (防弾少年団)

君の為なら悲しくても笑顔でいれた君の為なら痛みさえ...

Catch up, latency (通常盤)

Catch up, latency

UNISON SQUARE GARDEN

朝に灯った温度が 夜更け頃には逆戻りしてまた逃げ出...

Office Love(EMO盤)

Office Love

SOLIDEMO

OFFICE LOVE…なんて 最低な日だろう...

リビングデッド(特典なし)

リビングデッド

amazarashi

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世にはびこって...

催眠術(完全生産限定盤)(DVD付)

催眠術

女王蜂

狂っている?わかっている狂っている?わかっ...

ADAMAS

LiSA

大義名分に痺れ切らした苦渋の闇 怒号の渦の中始...

BAAM<初回限定盤A>

BAAM -Japanese ver.-

MOMOLAND

Bae Bae Bae BAAM BAAMBae ...

Love with You(初回限定盤CD+DVD)TVアニメ(寄宿学校のジュリエット)オープニングテーマ

Love with You

fripSide

輝いている 君の横顔 見ていた 秘めた想いが風を感...

Hwi hwi -Japanese Ver.-

LABOUM

ドキドキしちゃうわ こんなに近くで何気なく見せる横...

はじまりの音

富士葵

水面(みなも)に落とした石が波紋となって向こう岸 ...

ミスター・ダーリン / ギミギミコール(チコハニ×しょこたん盤)

ミスター・ダーリン

CHiCO with HoneyWorks

誰と会ってた?って浮気した?って子供じゃないんだし...

SSSS.GRIDMANオープニング主題歌「UNION」

UNION

OxT

目を醒ませ僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ...

君にエール!!!! ~同じ空の下で~

elfin'

届けたい 届けたい 君に 勇気のメロディー同じ空の...

君のせい(通常盤)

君のせい

the peggies

君のせい 君のせい 君のせいで私臆病でかっこつかな...

まっしろ

ビッケブランカ

誰にも見つからない街の灯も灯らない交差するクレ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net